からだのこと

【経験談】ピルを2年間服用した私が語るメリット・デメリットは?

 

みかん
ピル飲んでるんだっけ?女性にとっては気になる薬なんだけど知りたいなー。

 

ピルって気になるけど、よくわからないわよね。私も実は飲んでるんだけど、体験談を話していくわね。
ナースちゃん

 

ピルを飲むきっかけ

生理痛が辛く、精神的に落ち込むことが多かった

生理周期の私の症状

●生理前になると落ち込む

●イライラする

●普段気にならないことが気になってしまう

●腰痛が出現

●異様に眠い

●出血量が多く貧血。いつも血液検査で貧血と言われる。

●貧血で職場で倒れたことも。

 

 

特に、意味もなく落ち込んだりするのが辛かったです。

 

 

ピル=避妊だけではない

上記の生理痛に悩んではいたのですが、ピル=避妊というイメージが強く、なかなかピルにたどり着くまで時間がかかりました。

ピルは避妊だけでなく、生理痛やPMS(生理前症候群)を抑える効果もあります。

20代の時は恥ずかしさがありましたが、今は避妊目的で使うことは恥ずかしいことではないと感じます。

 

保険適応のピルと保険適応外のピルがある

スポンサーリンク

保険適応のピル

 

保険適応のピル

生理痛改善やPMS改善目的のピル

薬はヤーズ、ルナベル、ジェミニーナなどなどが挙げられます。

日本では避妊目的で使うことは認められていないようです。

 

保険適応外のピル

保険適用外のピル

避妊目的のピル

薬はシンフェーズ、トリキュラー、マーベロンなどなどが挙げられます。

 

私はPMS改善のためなので、保険適応のピルを飲んでます。

保険適応外だと自費になるので、やや金額が高くなりますね。

 

ピルを服用してみられたメリット

 

①出血量の減少

②腰痛の減少

③イライラ・落ち込みが減る

④7日以上あった生理が4日程度で終わる

⑤生理周期の把握がしやすい

⑥血液検査で血栓予防の把握ができる

 

ピルの効果は、出血量が少なくなり症状が軽くなった実感があります。

また、ピルの副作用は様々ありますが、その中に血栓ができやすいとうのがあり、

血栓の把握に月に1回血液検査をします。

 

ピルを内服してみられたデメリット

①副作用に悩まされる

②飲むのを忘れてしまうことがある

③定期的に産婦人科に行かなくてはならない

 

どんな薬にも副作用がある・・・というようにピルにも副作用があります。

頭痛や吐き気、倦怠感、血栓などあります。

 

私は吐き気が強く、半年は苦しみました。

ピルの種類を変えてみたり、胃薬を飲んでみたり様々な工夫をして今に至ります。

 

血栓もとても怖いので3か月に1回は産婦人科で血液検査をしてもらってます。

 

薬には副作用はつきものですので、医師に相談しながら向き合っていくといいですね♡

 

まとめ

ピルは避妊というイメージが強いですが生理痛の軽減やPMSの軽減など様々な効能があります。

また、お薬なので、副作用はつきものです。

副作用のデメリットも考えながら、うまく使っていくといいですね。

 

-からだのこと
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5