動物の知識

犬の社会化期って?その重要性

 

みかん
犬には社会化期っていうのがあって凄く大切な時期なんだって。

 

そうなんだよね。社会化期にどう過ごすかによってその後の犬の性格に関わってくるみたい。今日は、犬の社会化について話すわね。
ナースちゃん

 

犬の社会化期とは?

生後1か月~3か月ごろの期間。

犬が人や他の犬、様々な環境に慣れる重要な時期と言われています。

その時期は犬にとって何事にも興味津々な時期であり、いろんなものに興味を持っているので

環境に慣れやすいとも言われています。

この時期を越えてくると、恐怖心が出始めてくるので、段々と環境や人に慣れるのが難しくなってきます。

 

 

 

犬が成犬になるのは1歳なのでこの短い期間にどう過ごすかによって、犬の今後の性格に関わってきます。

 

 

 

社会化期でやるべきこと

犬同士のコミュニケーションを覚える

この時期に母犬や兄弟犬とじゃれあうことで、噛む加減を覚えたり

犬同士でどうやってコミュニケーションを取っていくのか学んでいきます。

犬のボディーランゲージを見て、相手がどう思っているのか学びます。

噛む程度を学ぶことで、犬同士のコミュニケーションを学び、他犬とも上手に遊べるようになります

 

ここでポイントなのは!!

犬の扱いに慣れている犬と触れ合わせることです(*´ω`*)

むやみにたくさんの犬に触れ合わせて噛みつかれたり、いやな思いをしてしまうと、犬に恐怖心をもってしまったりするため、

安心して遊べる相手と触れ合うようにします。

 

人との触れ合い

多くの人に関わることで、人にも慣れていきます。

男性の低い声に慣れない犬も多いので、男性でも女性でも慣れるように接してもらいます。

手からおやつをあげてもらう。撫ででもらう。など犬にとってプラスになることをします。

また、動きが早い子供も苦手な子もいるので、子供にも優しく触ってもらうことが大切です。

犬にとって、プラスのイメージになるようにやさしく接してもらいます

スポンサーリンク

首輪やハーネスをつける

これから散歩もしていかなくてはいけないので、首輪にも慣れさせます

首輪は最初嫌がる子もいると思いますが、おやつをあげながらつけ、徐々に慣れてもらいます

ブラッシングやドライヤーにも慣れさせていくといいですね♡

外の音や環境に触れる

車や自転車の音。子供の声。雷の音などなど・・・

外の環境は犬にとっては、多くの刺激となります。

社会化期はワクチンの時期と被るので、抱っこやペットカートで外の環境に慣れていくのもいいです。

犬の好きなおやつ・おもちゃを使いながら外で過ごすことが楽しいことだとわかってもらうのです♡

社会期をうまく過ごせた犬は?

●恐怖心を感じることが少なく、ストレスを感じにくくなる

●他の犬と仲良く遊べる

●どんな場所にいても、落ち着いていられる

犬にとっても人にとってもストレス少なくいられます♡

 

社会化期にうまくすごせなかった場合は?

●犬や人を怖がったり、噛みついたり、吠えたりする

●散歩時に、怖がって歩かない

●落ち着いて過ごせない。

 

などなど、挙げられます。

 

社会化期を逃したら、無理なの?

社会化期を逃しても、徐々に慣れていくことは可能です。

その年数が短いほど慣れやすいです。

そして、恐怖心を抱いている対象に対して、焦らず犬のペースに合わせて慣れていくことがポイントです。

自分では無理だと感じたときは、犬の保育園などプロの方にお願いするのも手だと思います。

子犬が参加できるパピーパーティーも最近では多く開かれていることも多いので参加するのもいいですね。

 

まとめ

犬の社会化期はとても短いです。

その時期にどう過ごすかによって、今後の犬の性格に関わるとも言えます。

様々なものや環境に慣れやすい時期に、社会化がうまくできるようにしていきたいですね。

 

-動物の知識
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5