絵本

【絵本紹介】ちのはなし

 

 

みかん
今日はちのはなしの絵本紹介するね。

 

体の話の本はいろいろあるけど、今回は血の話なのね。
ナースちゃん

 

 

ちのはなし

 

ちのはなし (かがくのとも絵本)

新品価格
¥990から
(2021/2/23 19:03時点)

 

 

読んだレビュー・感想

●絵は古いが、わかりやすく血の話が書かれている。

●小学生の子どもは真剣に聞いていた。

●心臓が全身に血液を送っていて、その血液の中に赤血球や白血球、血小板などの血球が流れるといった解剖が絵を通して伝わる。

●手を切ったら血が流れて、血は大切ということがわかる。

 

 

 

スポンサーリンク

Amazonのレビュー

子供だって、わかるように話したら、なんだってわかる!
3才の息子はこの絵本で、
血が「はっけっきゅう、せっけっきゅう、けっしょうばん」からできていることを憶えました。
新しいことがどんどん知りたくなる、
理科が楽しくなりそうな絵本。
知る喜びを身体で感じられます。
デザイン的にもすばらしく、
大人が見ても飽きない絵本です。

 

 

引用

ちのはなし (かがくのとも絵本)

新品価格
¥990から
(2021/2/23 19:27時点)

 

 

 

 

 

関連記事

-絵本

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5