動物の知識

犬や猫の目の見え方ってどう見えてるの?鳥は目がいいって本当?

 

みかん
人間と動物の見え方って少し違うって知ってた?

 

動物によって見え方は違うのよね。今日は目の話をするわね
ナースちゃん

 

動物の目の見え方ってどんな感じ?

人の見え方

目に入っていく光は、角膜→水晶体→硝子体を通って網膜に認識。

その情報が視神経を通って脳へと伝わります。

人の視神経は120万本ほど。

人の視力は人さまざまです。

0.1の人もいれば2.0の人もいますね。

両目視野は120度ほどと言われてます。

色に関しては光の3原則(赤・青・緑)を元に見えています。

網膜の中には視細胞があり、その中にある錐体細胞が働いて様々な色が見えています。

人には赤錐体・青錐体・緑錐体があります。

 

https://www.civillink.net/fsozai/eye.html

犬の見え方

犬の視力は0.2~0.3ほどと言われています。

人でも目が悪い人にはわかると思いますが、ぼやけて見えてます。

 

両目視野は220度ほどです。

犬の視神経は17万本ほどです。

 

犬の視野はボケて見えていますが、聴覚や嗅覚が優れているので、問題なく生活できています。

また、暗闇でも少しの光でも物体を捉えることができます。これはタペタム層という人間にない目の層を持っています。

タペタム層というのは少しの光を反射して視神経に伝えるという役割を持っています。

例外としてシベリアンハスキーはこのタペタム層を持っていません

シベリアンハスキーが暮らしていた場所では年中雪が降っていたため

雪の反射で物を見ることができていたため、タペタム層が必要ではなかったようです。

 

 

色は、緑錐体細胞がないため、色の認識が人より少ないと言われてます。

具体的には人間が見ている赤色はグレーに見えています。

緑と赤の区別がつけにくいです。

 

スポンサーリンク

猫の見え方

猫の視力も犬同様にあまりよくはありません。

0.1~0.3程度と言われています。

 

両目視野は250度ほどです。

 

 

猫には赤を認識する赤錐体細胞がほとんどありません

赤と緑を見分けることが難しく、青・灰色・黄色に見えていると言われています。

 

犬と同様にタペタム層があり、暗闇でも物体を捉えるのが得意です。

鳥の目は人よりいい?

鳥は錐体細胞が4種類あるといわれています。

赤錐体細胞・青錐体細胞・緑錐体細胞に加えて紫の錐体細胞(紫外線)があると言われてます。

視野は広く340度(両目)ほどです。

視力に関しては人間の4~5倍です。

 

 

紫外線まで見ることができるため、ものがはっきり見え天敵や獲物が見やすい視覚になっています。

人間とは違った世界が広がっていて、案外鳥の方が私達人間をよくみているかもしれませんね(*´з`)

 

まとめ

人間に見えている世界が動物には異なってみえていますね。

4原色で見える世界はきっと想像もつかない世界なんでしょうね('ω')

 

-動物の知識
-, ,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5