看護師

【第1弾】新人看護師の1か月ごとの目標の立て方

スポンサーリンク

新人看護師の半年間の過ごし方 シングルマザー編

新人看護師として働いて7か月が過ぎました。

新人看護師は知識も技術も未熟でなにしたらいいのかわからず困ることも多いと思います。

今までの経験から今までの苦悩などを書いてこれから新人看護師になる人の参考になればなと思います。

勤めている場所によっても異なると思いますが。

急性期の病院

新人看護師のうちは技術や知識を習得したいと思って、急性期の病院に入職しました。

勉強にはなるけれど、とにかく忙しいです。

今は技術を磨く時期だと思って、忙しくても頑張っています。

夜勤もあるので両親の助けがあって成り立っているようなものですね。

忙しすぎるあまり同期の中でも何人か退職してます。

2~3年くらいは大きな病院に勤めて技術を磨いてから、ゆっくりと勤められる病院を見つけたいなと感じてます。

入職1か月目

・コロナウイルスの影響で入職式が通常より2週間遅くなってからの行われました。

・2週間後、入職式が行われました。

・同期と初めての挨拶。行く科の発表がされて、希望していた科に所属になりました。

・先輩のシャドーイング。初めて見る看護援助もありワクワクと興味津々でした。

・1日の看護師の流れや病院のシステムをつかむ時期でした。

・患者さんと先輩看護師のコミュニケーションを見て、さすがだなーと感じることがありました。

・凄く緊張していたし、先輩看護師との人間関係を知る時期もあって帰ってからはクタクタですぐ寝てしまってました。

入職2か月目

・2か月目初めての受け持ち。

・3人からのスタートでした。

・フォローの先輩たちが優しいです。初めて、同期と先輩の採血をさせてもらいました。

・看護師になったんだと実感してきました。

・なにか患者に言われると、「ちょっと看護師に聞いてきますね。」って言ってしまうんだけど

自分も看護師なんだよなーって思ってました。

・記録の書き方わかりません。でも、なぜかsoapだけは得意でした。

・記録を書くのに時間がかかってました。

・わからないことだらけで、毎日帰ってからの勉強が大変でした。

・カルテに書いてある情報が略語だったり知らない疾患ばかりだったので

調べるのに苦労しました。

・調べてはノートにまとめてを繰り返し、自分流のノートができあがっていきました。

入職3か月目


・3か月目だんだんと勉強が間に合わず、先輩に注意され始めます。

・カルテからの情報漏れが多く注意されました。

・時間の使い方が下手くそで帰るのが遅くなる。

・それで、勉強が間に合わないって感じになる。

・患者さんが亡くなることもあって悲しかったです。

・子供との過ごし方をどうしようかと考えていく時期でした。

入職4か月目

・4か月目まだまだ時間の使い方が下手くそでした。

・カルテからの情報漏れがまだありました。先輩に勉強足りない言われました。

・1番辛い時期でした。

・看護援助も自立しなきゃって焦る時期。

・同期が看護援助を自立し始めます。

・やることも増えて、失敗が増えました。

・インシデントレポートを初めて書きました。気分が落ち込みました。

・優先順位がわからず、やることやることに時間がかかってしまいます。

・夜勤が始まりました。

入職5か月目


・5か月目自立する看護援助が増えて、カルテからの情報漏れが少なくなってきました。

・先輩たちの手も離れ始めてきます。

・責任感がつくように。

・受け持ちも増えていきます。

・段々と毎日コツコツと勉強してきたことが役立ってきます。

・優先順位が段々わかるようになってきます。

・急変時、先輩に報告出来るようになってきます。

・夜勤受け持ち10人

6か月目の予定日勤自立です。

最初の頃に比べたら、出来ることも増えて段々環境にも先輩にも慣れて楽になりました。


4か月目が1番辛かったです。

インシデントレポートたくさん書いたけどあのたくさん失敗があるからこそ今の知識と経験がある。


新人ってナースコールを取らなきゃいけないって感じだから自分のことがなかなか進まないんですよね。

しかも、看護援助も未熟だから時間がかかるかかる。まだ半年だから仕方ないわよ。

失敗しない人間なんていないし、
失敗があるから今がある。


同期と仲良く出来てるのがよかった。

目標を持って過ごす


私は毎月目標を立てて過ごしてました。

昨日の自分より成長ができてるように。

1か月目

●体調管理を行い、1日も休まない

●疑問に思ったことは、ホウレンソウ出来るようにする。

●同期と仲良く、コミュニケーションを取り、今後連携がとれるようにする。

とにかく緊張していたので、体調を崩さないように、手洗いうがいの徹底と

栄養はきちんと取ること、睡眠時間の確保はしてました。

同期と仲良くしないと、今後にも影響すると思っていたので仲良くしてました。

2か月目

●1日15分は勉強をする

●自分の弱点を把握できるようにする。

自分の知識不足、技術不足が凄くわかりました。

とにかく勉強してました。

自分が何が苦手で何が得意なのか把握しようと思いました。

苦手な部分を克服、得意分野を伸ばそうと勉強してました。


3か月目

●なんで失敗したのか振り返って同じ失敗しないようにする

●ストレス発散法見つける

疲労感がでてくる時期でもあったので、自分のストレス発散法を見つけてました。

休みの日は子供と過ごす時間を重視したくて、勉強しつつも子供と遊んでストレス発散してました。

2か月目に苦手な部分の把握ができるようになっていたので、失敗したときにはその日に振り返りをして

何がいけなかったのか考えて次回に生かせるようにしてました。

4か月目

●仕事とプライベートのオンとオフをしっかりする。

●1年目終わる頃はどうなりたいか自問自答し、自分がどのような看護師になりたいのか考察できる

●先輩を見て、先輩のいいところと悪いところを見ていいところを盗む

一番つらい時期だったので、休みは仕事のことは忘れて遊んでました。

精神的に辛かったです。

でも、この時期になると周りがみえるようになってくるのです。

そうすると先輩のいいところ、悪いところも見えてくるので、いい所を参考にさせてもらってました。

子供との時間も確保できてました。

5か月目

●自立するにはどうすればいいか。

●看護援助を1か月に5個自立をもらう。

●忙しい中にも丁寧さを持つ。

●好きな先輩、嫌な先輩いても気にしない。仕事は仕事。

自立していない看護援助があったため、どうして自立できないのか考えて行動してました。

忙しくて一人一人の患者さんに寄り添えてないと感じることもあり、忙しい中にも丁寧に接することを

心がけました。

嫌いな先輩というより苦手な先輩がいたとしても気にしてませんでした。

結構、苦手な人いてもケロッとしてました。

6か月目

●自立すると失敗増えそうだから、適宜先輩に相談する。

●落ち込みそうだったら同期・家族に愚痴ろ。

●勉強量を増やす。1日30分。

先輩のフォローが外れて、先輩のフォローがないと失敗することも増えるため、

なにか悩んだときは先輩に相談する・・を徹底してました。

半年すぎて思うこと

目標を持って過ごさないとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

毎日、今日の目標を立ててコツコツと積み上げていくことで1年後の看護師としてのスキルアップもできるのではないかなと考えています。

看護師に限らず、なにか達成したいことがあるときに、毎日目標を持って過ごすことで、その達成したいことに

つながっていくと思います。

もし、その目標に達成しなくても適宜修正していって、自分なりに進んでいけばいいと思うのです。

看護学校の実習では時間管理と体力、毎日目標を立てて実行していく大切さを学んだので

継続していきたいと思います。

看護師として、患者さんがどうなったら退院できるのか退院できるように患者さんに合わせて目標を立てるのと同じように

私自身も成長できるように目標を立てていきたいですね。

昨日の自分より、1年前の自分により成長できたらなと思います。

-看護師
-, , ,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5