からだのこと

年を取っても自分の歯でご飯を食べたい!歯の喪失を防ぎたい歯のケア方法

 

 

みかん
普段欠かすことのできない歯磨き。きちんとできてる?

 

歯磨きって大切だよね。年とっても自分の歯で食べたいしね。
ナースちゃん

 

みかんナースの思い

●食べることが大好き

●年とってもおいしいものが食べたい。

●みんなにも歯を大切にしてほしい。

●食べられるって幸せなことだよね。

 

スポンサーリンク

8020運動というものを知ってますか?

厚生労働省では、8020運動というのもを実践しています。

80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動で歯の喪失を防ぐためには予防が大切だと言われています。

歯の喪失の主な原因は歯周病と虫歯です。

そうならないために、予防が大切です。

【厚生労働省】https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-01-003.html

 

私も、80歳になっても自分の歯でご飯を食べられたらいいなと思っていて歯のケアは念入りに行っています。

離婚時、ストレスから虫歯が5本以上できて悲惨な思いをした経験があります。

それからは今まで以上に歯のケアを大切にしています。

今では虫歯なく過ごせてます。

 

 

 

 

私が実践している【歯のケア方法】

歯ブラシの選択

歯ブラシには様々な種類がありますが、私はずっと電動歯ブラシを使用しています。

 

 

電動歯ブラシであると、磨き残しも少ないです。

電動歯ブラシを使う前は、歯医者に行くと結構磨き残しを指摘されて歯石もつくことが多くありました。

電動歯ブラシを使用することで指摘されることも少なくなりました。

鏡で歯を1本ずつ見ながら、歯の裏も磨くことが大切です。

 

 

 

 

歯磨き粉はフッ素が大切

歯磨き粉はフッ素が大切だと言われており、歯医者に勧められてコチラを使用しています。

 

フッ素の配合量が多いです。

フッ素は菌の活動を弱めてくれたり、歯の質を高めてくれるなどの効果を発揮してくれます。

私は辛いのと研磨剤のザラザラした感じが苦手ですが、この歯磨き粉はまったくそういった要素がありません。

研磨剤がないと大丈夫?って思うこともありますが、この歯磨き粉を使用してからは歯がツルツルとして食べ物も付きにくいです。

 

 

 

 

歯磨き後にはフロスを使用

 

電動歯ブラシでも歯と歯の間に食べカスが残ることもあるため、

歯ブラシ後はフロスや糸ようじを使用して歯と歯の間を掃除します。

1本ずつ行うことは結構手間がかかりますが、これが大切です。

やるのとやらないのでは全然違います。

 

 

コチラを使用してますが50Mもあるのでなかなか減らずコスパが良いです。

ただ、奥歯は慣れるまでは難しいので糸ようじと併用して使うことをオススメします。

歯磨きでは取れない汚れが取れるので行うのがよいですね。

 

 

 

朝・昼・寝る前の歯磨き

1日3回歯磨きをしています。

私の職場では看護師は全員、食事後に歯磨きをする習慣になっていますし

患者さんも1日3回口腔ケアを行っています。

 

 

定期検診に行く

歯のケアを心がけていても、うまく磨けていなかったり気づかないうちに虫歯になっていることもあるため

定期的に検診にいっています。

3か月に1回は見てもらって、必要時は歯のお掃除と歯石取りをしてもらってます。

歯のケアのアドバイスをもらうこともあります。

定期検診ってなかなかいかない人が多く、歯が痛くなってから行く人が多いです。

予防することが大切なため、痛くなる前に行きましょう(*'ω'*)

 

子供のころから歯磨きの習慣を

歯磨きは習慣にならないとやらないものです。

子供のうちから習慣にすることが大切です。

子供への歯磨きのコツを紹介しています。

 

 

-からだのこと
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5