動物の知識

犬猫にも歯周病予防に歯磨きは必要!歯磨きのやり方は?頻度は?

 

 

みかん
犬や猫にも歯磨きって必要なのかな?

 

犬猫にも歯磨きは必要なんだよね。歯磨きの必要性とやり方を説明するね。
ナースちゃん

 

 

 

スポンサーリンク

犬猫の歯磨きの必要性は?

人とは異なり、犬の唾液のPHは人より高く虫歯にはなりにくいですが、歯石になるスピードが早いと言われています。

 

 

 

3歳以上の犬の80%が歯周病になっているとも言われています。

 

歯周病になると・・・

 

 

●顎の骨が溶ける

 

●腎臓・肝臓・心臓にも影響するため、病気になりやすい。

 

●特に心臓疾患になるリスクがあがる。

 

●痛みが出現し苦痛が伴う

 

●固いものが食べられなくなる。

 

 

など、様々なリスクがでてきます。

 

そのため、歯石がつかないように、歯磨きや口腔ケアが必要です。

 

猫も同様、歯石がつきやすいので歯磨きが必要になります。

 

歯石がつくとがっつり歯についてしまうので、なかなか取ることは難しいです。

そのため、取るには全身麻酔が必要になります。

そうならないためには歯周防予防をしていきましょう。

 

 

 

 

 

いつから必要?

歯磨きに慣れさせるには、早ければ早いほどいいと言われます。

成犬になってから慣れさせるのはなかなか難しいので子犬のうちから慣れさせることをオススメします。

特に社会化期が終わるまでに慣れさせることがいいです。

 

 

 

【犬の社会化期とは】

 

 

 

歯磨きのやりかた

口の中を触られるのに慣れさせる

まず、歯磨きの前に口の中を触られることに慣れさせます。

指にガーゼを包み、ペーストをつけます。

 

 

オススメはコチラ。動物病院でも販売されていることも多いこの商品。

好きなペーストをつけてガーゼで磨いてあげるとあまり嫌がることなく慣れてくれます。

いろんな味があるので好きな味を選んであげるのがいいですね♡

口に触られるのがいやなことではなくいいことだと教えてあげます。

好きな味のするもので慣れさせましょう。

 

 

ガーゼに慣れてきたら歯磨きで行う

ガーゼで口の中に入れることに慣れてきたら歯磨きにペーストを使って磨きます。

オススメの歯ブラシはコチラ

 

 

 

丈夫で長持ちし、毛質も柔らかくて痛くないです。

1本ずつ磨いてあげましょう。

 

毎日磨きましょう

歯石はすぐついてします。歯垢が付着するのは2日です。

そのため、最低2日に1回でできるのであれば毎日行うことをオススメします。

歯磨きすると口臭予防にもなるのでオススメです。

 

 

歯磨きが苦手な子はガムやおもちゃがオススメ

歯磨きをするのが一番ですが、歯磨きが苦手な子でなかなか歯磨きができないのであれば、ガムやおもちゃを使用するのもいいです。

少し高いですが、こちらがオススメ

高いのでコスパは悪いです。

でも、喜んで食べるし歯石がつきにくい印象です。

 

 

 

 

 

我が家では1個を半分にして1日2回あげています。

 

 

 

 

 

 

おもちゃはコチラ

 

おもちゃに関しては好みがあるので、好きな素材を選んであげるといいと思います。

コチラのおもちゃは、間におやつをいれられるので、興味津々に噛んでくれました。

 

 

キシリトールは使用しないで

 

キシリトールは犬猫にとっては害です。

身体に悪影響を及ぼすので使用しないでください。

人とは体の構造が異なり、低血糖になったり肝臓に影響があると言われていますので

使用しないようにお願いします。

 

 

まとめ

人と同様犬や猫にも歯磨きは必要です。

歯磨き=いやなもの

とならないように子犬から慣れさせていくことが大切です。

ペットも高齢化が進んでおり歯周病予防から防げる病気もあります。

人と同じように毎日歯磨きしてあげましょう(*'ω'*)

 

 

関連記事

 

 

 

-動物の知識
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5