動物の知識 動物看護師

怖がりで暴れる猫を動物病院にストレス少なく連れていく方法

みかん
動物病院に行くのが嫌いな猫って結構多いよね。

 

そうだよねー。猫って臆病な子が多いからね。そんな子を動物病院に安全に連れていく方法を教えるね。
ナースちゃん

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【元動物看護師が語る】怖がりな猫を動物病院に連れていく方法

 

家ではこんな風にくつろいだり甘えたりする猫でも動物病院が苦手な猫は多いです。

なかには、動物病院のスタッフに甘えてくれるかわいい子もいます。

そんな繊細で怖がりな猫たちが安心して動物病院に連れていく方法をお教えします。

 

 

洗濯ネットに入れていく

猫は怖がりな子が多く、言葉が通じない分、動物病院など慣れない場所ではさらに恐怖を感じる子も多いです。

 

猫は牙も怖いですが爪もあって噛まれたり、引っかかれたりする危険があります。

猫は動物病院で何をされるかわからない恐怖から怒る子も非常に多いです。

私も何匹の猫たちに怒られたかな。

怒ることも凄くストレスになるため、猫たちが安心して動物病院に来れるよう洗濯ネットに入れてくることをオススメします。

洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れるのがいいです。

洗濯ネットに入れるなんて狭くてかわいそう・・・と思いがちですが、その反対で洗濯ネットに入れることで体全体が覆われていると安心することも多いです。

そして、暴れたときに制御が効くことと、暴れても処置がスムーズにいくことが多いのでストレス少なく済みます。

時間がかかると猫にもストレスになりますからね。

早く終わらせるためにも、洗濯ネットをオススメします。

動物病院では洗濯ネットで暴れる子はその上からタオルをかぶせることもあります。

 

 

 

こういうかわいい猫の姿が好きなんですけどねー。

猫の画像って癒される♡

 

キャリーケースに普段から慣れさせる

動物病院に行くときだけキャリーケースに入れると、キャリーケースは動物病院に行くものと理解してしまいます。

なかなかキャリーケースに入ってくれないことも。

普段からキャリーケースに慣れさせることをオススメします。

キャリーケースでおやつをあげるなどを行いキャリーケースは悪い場所ではないことを覚えてもらいます。

キャリーケース=動物病院ということを関連付けないことが大切です。

 

 

 

キャリーケースはこれがオススメ。

  • 上からも横からも開けられる。
  • 結構広く使える。
  • 丈夫
  • 水洗いできる
  • 災害時にも使える広さ

横からも上からも開けられることがとてもいいです。

わりと上から猫を出すことが多いのですが横にしか扉がないタイプだと出すのに苦労します。

上からタオルをかけて出すと案外すんなり出せたりするのです。

 

キャリーケースの上からタオルをかける

キャリーケースから外が見えると不安になることもあるため、タオルなどをかけて周りが見えないようにしてあげると落ち着いたりします。

タオルをかけると暑くなることもあるので気をつけてくださいね。

暗いことで落ち着いてくれることも。

 

 

 

 

 

 

 

車で待つなどできる場合は呼ばれるまで待つ

診察まで呼ばれる時まで車の中で待つことができる場合は車の中で待ちます。

犬などの他の動物を見て興奮しないためにも、外で待つことをオススメします。

ただ、夏場は暑く冬場は寒いので猫だけにしないようにお願いします。

車の中で待つ場合はエアコンをつけるなど気温の調整も必要です。

 

 

 

診察終了後、お家ではご褒美を♡

動物病院では注射をしたり、レントゲンや採血するために動かないように押さえられたり猫の健康を守るために必要なことですが猫にはストレスになることも多いです。

頑張ったご褒美に猫の好きなものをあげてくださいね('ω')

人も猫もストレスの少ないように動物病院に来院できるといいなと願ってます。

 

猫大好きチュール♡

 

 

まとめ

猫にとって知らない場所や人と触れ合うことは非常にストレスになることが多いです。

今回は安全に動物病院に連れていく方法をお話ししました。

 

  • 洗濯ネットに入れていく。
  • キャリーケースに普段から慣れさせる。
  • キャリーケースの上にタオルをかける。
  • 車で待てるのであれば車で待つ。
  • 頑張ったご褒美をあげる。

 

以上5選紹介しました。ストレスなく健康管理できたらいいなと思ってます。

-動物の知識, 動物看護師
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5