動物の知識

犬猫の熱中症対策と対策グッズ紹介

 

みかん
夏に近づくにつれて犬猫の熱中症にきをつけなきゃいけないね。

 

そうだよね。犬猫は体温調整が苦手な生き物だから対策していかないとね。
ナースちゃん

 

こんな方におすすめ

  • 犬猫の熱中症について知りたい
  • 犬猫が熱中症になったときの対処法が知りたい
  • 犬猫が熱中症にならないための対策を知りたい



犬猫をかっている人は夏に向けて対策していきましょう(*'ω'*)

 

スポンサーリンク

犬猫の熱中症とは?

熱中症とは?

熱中症とは・・・

熱中症とは、高い気温や湿度による熱障害で生じる全身性の病的な症状のこと。

脱水が起こることで、細胞にダメージが起こり様々な臓器に影響が及びます。

 

症状は?

軽度から重症なものまでありますが

熱中症の症状

  • パンティング(ハアハアと呼吸が荒くなる)
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる
  • もうろうとしている
  • ぐったりしている
  • 嘔吐
  • 舌の色が青い(チアノーゼ)

 

などなどが挙げられます。

暑い場所に行ったあとなどにいつもと違う症状が見られたら注意です。

 

熱中症だと感じたら?

熱中症だと感じたら体を冷やすことが大切です。

熱中症発症時の対処法

  • 涼しい場所に移動する。
  • 涼しい風が当たる場所に移動する。
  • 常温のシャワーをかける。
  • 濡れタオルをかける。
  • 保冷剤で冷やす。

注意なのは冷やしすぎは注意です。

 

冷やす場所は太い血管が通っている場所がいいです。

 

動物病院へ

身体を冷やしつつ動物病院へ急ぎましょう。

早めの処置が大切です。

 

犬猫の熱中症対策

犬猫は体温調整が苦手な生き物

人に比べて汗をかいて熱を下げるということができないので熱中症になりやすいです。

 

特に鼻の短い短頭種は温度調整が苦手です。また、ハスキーなどの寒い地方の犬も暑さには苦手です。

なぜなら、犬はパンティングをして体温調整をしますが、鼻が短いと呼吸がしにくいので体温調整がしにくいのです

 

暑い時間の散歩は控える

犬の場合、暑い時の散歩は、熱中症のリスクが凄くあがってしまいます。

早朝か夕方の時間の散歩をオススメします。

地面も暑くなるので肉球のやけどのおそれもあります。

まず、地面を触って暑くないか確認を!

また、地面からとても距離が近いので体温が上がりやすいです。

そのため、涼しい時間帯の散歩をオススメします。

また、水が飲めるように持っていくのがオススメです。

 

室内はエアコンを使用する&直射日光のあたらないように

気温があがると室内は上昇。

熱中症になってしまうのでエアコンを使用することをオススメします。

寒すぎず暑すぎずな温度26度程度がいいですね。湿度は50~60%。

清潔でいつでも飲めるように水を用意しておきます。

 

 

 

車に置いて行かない

毎年人の赤ちゃん・子どもが車内に残されて亡くなるニュースを見かけます。

動物も同じです。

車に置いていくと、車内の温度は凄くあがってしまうため

車内に置いていくことは避けましょう。

 

熱中症対策グッズ

新鮮な水を!給水器

 

散歩中の水補給に!

犬も猫もお部屋でひんやり気持ちいい

 

まとめ

犬や猫は体温調整が苦手です。

飼い主が守ってあげることが大切です。

これから段々暑くなって熱中症のリスクも上がるので、人も動物も熱中症対策をしていきましょう(*'ω'*)

 

 

 

-動物の知識

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5