絵本

読書好きが語る読書のメリット

スポンサーリンク

読書好きが語る読書のメリット

みなさんは読書は好きですか?

最近は様々な方法で読書が楽しめる時代ですね。

図書館に行ったり、購入して読んだり、電子書籍で読んだり様々ですね。

小さなころから読書が好きでした。

車の中で読んで車酔いした経験をしたほどです。

母が小さなころからよく本を読んでくれたおかげで、今でも読書が好きです。

年を重ねるごとに読書好きは加速しているように思います。

そんな私が本を読むことで感じているメリットを書きます。

メリットを効いて、読書好きな方が増えたらいいなと思って書いています。

ストレスが軽減される

仕事で疲れた時、いやなことがあったときに読書をしていると本の世界観に入り込んですごくリラックスできます。

カフェで読んだり、図書室で読んだりと様々ですが静かな空間で読むことで集中できて

気持ちが落ち着きます。

集中力がつく

読書中はすごく集中して、世界観に入り込みます。

本に出てくる登場人物に感情移入して今日は少しだけ読もうと思っていたのに

全部読んでしまったこともあります。

子供にも影響する

子供と図書館に行くこともあるので、子供も本が大好きになりました。

子供との読書の習慣がついてきて、1週間に2冊は絵本を読んでいます。

子供と絵本を読んだ後に、このお話はどんなお話だったの?と聞いたり、

私の考えを言うことで子供とのコミュニケーションが取れます。

子供が読んだり、私が読んだり交代で読んだりと様々です。

子供は漢字を真似て書いたりするので、文字や漢字の勉強にもなっています。

小さなお子さんの場合、スキンシップになっていいですね。

図書館は場所によっては紙芝居もあっていいのです。

紙芝居って昔から好きでした。

次のページにうつるワクワク感があります。

子供には読書は強制することはしませんでした。

強制されると、読書自体がいやなものになってしまうと感じて、私が読書を楽しそうに読む姿を見て子供も好きになっていきました。

知識が身につく

本を読むことで、知識が身に付きます。

本から学ぶことも多いです。最近は看護の本ばっかりですが。

知識を身に着けて、アウトプットすることで自身の学びの向上につながります。

知識が身につくことで、仕事の幅も広がります。

私の場合は看護の勉強をすることで、患者さんにさらによい看護を提供できます。

また、イレギュラーなことにも、知識があると対応できます。

知識があることは、物の見る視野が広がります。

知識を深めるって素敵なことですよね。

想像力が豊かになる

小説を読んでも、その情景を想像したり、主人公の気持ちを考えるため、

想像力が豊かになります。

子供も今こうなったからかわいいそう、と泣いたり、想像することで感情豊かで想像力も豊かになっています。

子供に意見を聞くと、こんなところまで理解していたんだと驚かされることもあります。

読書の時間を作るには?

読書にはメリットがあるといっても、なかなか読書をする時間って作れないですよね。

私は寝る前に少し読書をすると決めています。

習慣づけて、決めてしまえば結構継続できるものです。

あとは、通勤の方なら電車で読むのもいいですね。

1日の中で15分くらいなら確保できる時間もあると思うので短い時間でも毎日続ければ1年で結構読めます。

私も子供に本を読むのは15分くらいです。

隙間時間を利用して読書はじめてはいかがでしょうか。

-絵本
-,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5