動物の知識

犬猫を飼う前の準備と考えて欲しいこと

みかん
最近、犬猫を飼う人が増えているよね。
そうだよね。犬猫を飼う前に考えて欲しいことを今日はお話しするね。
ナースちゃん

この記事を書いている人

シングルマザー

元動物看護師、現在人の看護師

筋トレにはまってる人

 

 

 

 

スポンサーリンク

犬猫を飼う前に準備と考えて欲しいこと

生涯一緒にいられますか?

犬猫を飼うにはお金がかかります

犬猫を飼うにはお金がかかります。

ワクチン代や食事代、トリミング代など様々なことにお金がかかります。

犬猫を迎える際には、首輪やゲージ、様々な準備が必要になります。

犬猫も高齢化してきており、年を取れば病院に行くことも増えます。

病院代もたくさんかかる場合もあるでしょう。

動物病院で動物看護師をしていたとき、お金が払えないから治療しないことを選ぶ飼い主もいました。

生涯養っていけるのかよく考えてから迎えて欲しいなと思います。

 

 

 

 

犬猫を迎えられる環境ですか?

犬猫を迎えられる環境がそろっていますか?

 

犬猫の飼える条件の家ですか?

子犬や子猫である場合はご飯をあげる回数も多く、一緒にいられる時間はありますか?

私が多く見かけるのは、子供が生まれたから飼えなくなった・・・

子供がアレルギーで飼えなくなった・・・

捨てる飼い主をみたことがあります。

将来のことまで考えて迎えられる環境であるのか今一度考えて欲しいです。

動物は年を取れば、人と同じように認知力の低下から昼夜逆転して夜間吠えてしまったり寝たきりになることもあります。

かわいいでけではなく、お世話の時間もかかります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

自分が万が一亡くなっても引き継いで飼ってくれる人はいますか?

飼い主さんが亡くなってどうすることもできないと・・・動物病院に連れてこられた犬猫もいます。

自分が亡くなってしまったときに誰か引き取ってくれる人を見つけておくのがいいです。

亡くなって犬猫の居場所がなくなるのはとても悲しいことです。

飼ってくれる方を見つけておきましょう。

 

 

 

 

犬猫のしつけや飼育の知識をつけましょう

人を噛んでしまう事故や猫が脱走して車にひかれてしまうなど・・・

年間多く聞かれます。

しつけや飼い方のについて学ぶ必要があります。

環境省 「宣誓!無責任飼い主0宣言!!」

飼い主一人一人が知識を持つことで不幸な動物を減らすことができます。

 

しつけについては・・・

 

このブログでも正しい知識を随時更新する予定です。

 

 

 

 

自分の環境に合った犬種・猫種を迎えよう

子犬や子猫

子犬や子猫はとてもかわいいですね。

でも、食事の時間が多かったりとお世話をする時間が多くかかります。

コロコロしていてとてもかわいい。

犬の社会化期に様々な環境に慣れさせることでストレス少なく過ごせることができます。

しつけの修正がしやすい時期です。

 

 

 

 

成犬・成猫

成犬・成猫を迎えることは、メリットとデメリットがあります。

メリットはしつけがされていればとても飼いやすいです。

しかし、デメリットは悪い習慣があると修正するのに子犬に比べて時間がかかります。

捨てられた犬猫だと心に傷を負っていることもあるので、ある程度知識がある方でないと飼うのが難しい場合もあります。

 

老犬・老猫

老犬や老猫は落ち着いてはいますが、病気を持っていたりする子もいてお金がかかる場合もあります。

また、一緒にいられる時間も短く寂しくなる場合もあります。

でも、老犬でも愛情をかければ愛情を返してくれる子が多いと思います。

老犬で飼い主を待っている子も多くいます。

 

 

犬猫を迎える場所

ブリーダー

ブリーダーは数多くいますが、良質なブリーダーさんから迎えることをオススメします。

日本では、簡単にブリーダーになれることもあり、中には悪質なブリーダーもいるので

一度、見学に行くことをオススメします。

犬猫が元気でいるか?

綺麗な環境で育っているか?

などなど、よく観察することがいいです。

良いブリーダーさんは社会化を大切に育てていることも多く、母犬と子犬を早くから離さず愛情持って育てていることも多いです。

 

里親募集のサイト

 

里親を待っている犬猫は多くいます。

里親になることへは条件がいくつかありますが、かわいい子も多いです。

 

自分の環境や条件に合った子を探してみてください。

 

 

責任を持って犬猫を迎えましょう。

 

 

 

 

ペットショップ

ペットショップでも迎えられますが、良くも悪くもお金があれば誰でも飼えてしまうのがペットショップなのでよく考えて飼ってほしいなと思います。

ペットショップはブリーダーとは異なり親犬や兄弟犬には合えないので、だいたいの成長の大きさ把握や遺伝病などの把握しにくいです。

親犬や兄弟犬と一緒に過ごす時間が短く社会性に乏しい場合もあります。

 

 

個人的には・・・

生体販売で多くの命が奪われている日本・・・

不幸な犬猫が減ればなと思っています。

まずは、飼い主一人一人が正しい知識を持って飼うことで少しは不幸な犬猫が減らせるのでは?と感じています。

 

 

海外では生体販売をするには厳しい条件が必要で販売されていない国もあり、その点では日本はとても遅れているとも言われています。

ペットショップからの販売ではなく、ブリーダーや里親、シェルターから迎えることができて、ブリーダーになることが安易にできなくなることができればいいなと感じています。

安易にブリーダーになれるから悪徳なブリーダーもいます。

 

ペットショップにいる動物たちに罪はないので、悪徳なブリーダーが減り、

不幸な動物が減ることが私の望みです。

ペットショップ全部が悪徳ではないです。

 

 

 

 

 

 

 

見るに堪えない苦しくなる本ですが、とても命について考えさせられる本です。

 

 

まとめ

犬猫を迎えることは命ある動物なので将来のことをよく考えて迎えて欲しいなと思います。

捨てられた犬や飼い主が亡くなって居場所がなくなってしまった動物など・・・

動物病院では不幸な動物も見てきました。

不幸な動物が少しでも少なくなることを心から願っています。

 

 

-動物の知識

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5