看護

【看護師の退職方法】円満に辞めるのは?引き留めに対応するには?

 

みかん
看護師は人手不足から辞められない看護師も多いみたい。

 

そうだよね。看護師が円満に辞める方法をお話しするよ。
ナースちゃん

 

 

この記事を書いている人

  • シングルマザー
  • 元動物看護師。現在は看護師。
  • 急性期病棟を退職し訪問看護師へ。
  • 筋トレにはまっている人

 

 

こんな方におすすめ

  • 今の職場を辞めたい人
  • 円満に辞めたい人
  • どうしても辞めたい人

 

 

 

スポンサーリンク

看護師を辞めると決意した人がやるべきこと

退職の意志を伝える

退職の意志を伝えます。

その時期は、病院の就業規則に○か月までに伝えるなど書かれている場合もあるため確認します。

労働基準法では

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項)

となっています。

働く期間が決められていない場合、2週間前には退職の意志を伝える必要があります。

といっても、看護師は人手不足でなかなか辞められないのも事実。

早めに伝えたほうがいいように思います。

 

看護師が辞められないのはなぜ?

看護師はなかなか辞められないということをよく聞きます。

よく聞くのは・・・

辞められない理由

  • 今辞めたらどこ行っても通用しないよ。
  • 人間関係が辛いなら異動したらどうかな
  • 今辞められたら困る

などなど言われて引き止められることも多いです。

多忙である職場であるほど、引き留めにあうよう気がします。

中には半年~1年くらい辞められなかった人もいます。

 

退職の意志をきっちり伝える

上記の引き留めにあうこともあるので強い意志をもって伝える必要があります。

引き留められないような伝え方をしなければなかなか辞められないと思います。

強い意志をもって伝えること。

スキルアップや家庭の事情や体調不良などは引き留めにあいにくいかもしれません。

逆に夜勤が辛い、人間関係が辛いなどは改善策の提案をされて引き留めにあう可能性が高くなるかなと思います。

 

引き留めにあうのであれば退職代行を利用する

今のまま続けていたら体を壊す、精神的におかしくなるなど自分の体に危険が及ぼしそうになる可能性がある場合やすぐに辞めたい場合は退職代行を使うのも手です。

自分の体より大切なものはないですからね。

 

 

様々な代行サービスがあるので探してみてください。

 

まとめ

看護師が退職するには労力が結構かかります。

人手不足であると辞めにくい雰囲気もあります。

ストレス少なく辞めたいですね。

 

-看護

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5