看護師

現役看護師が教える正しい手洗い方法

コロナウイルスの影響か、手洗いや感染予防に対する意識がみんな高くなって

インフルエンザにかかる人も減っているようです。

意識が薄まることなく続いていってほしいです。

病院で働いていると、感染予防のために手洗い、手指衛生とゴーグルをつけての看護援助を徹底してます。

感染を守れるのは自分の行動で決まると思ってます。

今日は、自分の手洗い方法を振り返りたくブログに書いてます。

一緒に振り返っていただけると、ウイルスなどの感染から少しは身を守れるのかなと思います。

手洗いしっかりできているかな。

アルコール消毒できているかな。

感染予防できているかな。

一緒にこのことを振り返っていきましょう!!

スポンサーリンク

手洗い・手指衛生

医療者は感染するリスクとほかの患者さんに感染させてしまうリスクもあり、手洗い・手指衛生は必須です。

この5つのタイミングを守って、手指衛生を行っています。

結構、タイミングは多いです。最近ではコロナの影響があり、ゴーグルをつけて仕事をしています。

手に細菌などがついたまま、次の患者に触れてしまうなんて恐ろしいので、一人一人がこのタイミングを守れたら

感染も防いでいけるのかなと思ってます。

親指や手首、爪の間は結構洗えていないことも多いので注意が必要です。

また、流水でしっかりと石鹸を落とさないと手荒れの原因にもなります。

洗った手で蛇口を触りがちですが、手を使わずに蛇口を止めたほうがいいです。

また、タオルもペーパータオルのような使い捨てをオススメします。

布タオルでは菌が温存しやすいです。

衛生的には爪は短く切っておいたほうがいいですね。

【洗い残しが多い部分】

手洗い後にアルコール消毒をします。

しっかり水気をふき取ってから行わないとあまり効果はないようです。

指先までアルコール消毒する方って意外に少ないのではないでしょうか。

あと手洗い同様、手首まで行うことが大切です。

手洗い・アルコール消毒で身を守りたいですね。

意識して行っていきます。

画像→https://www.kango-roo.com/ki/

外出時も気をつけていること

・手洗い・アルコール消毒・マスク着用の徹底。

・人との距離を取る。

このほかにも、外食時はテーブルをアルコールタオルで拭くことも行っています。

使ったマスクはゴミ箱に捨ててほしいです。

私は、ビニール袋に入れてから捨てるようにしています。

道にマスクが落ちていることもあるので、ゴミ箱に捨てて欲しいです。

できることからはじめる・・・・!

一人一人が守っていけば大きな力になっていくと思っています。

手荒れ防止

冬に近づくにつれて、乾燥が気になる季節になってきましたね。

加湿器が大活躍の季節になってきました。

手洗いやアルコール消毒などを行う頻度が増えて手荒れもしやすくなっていないでしょうか。

アルコールで荒れることも多く、冬の季節になると保湿が大切になってくると思います。

手荒れがひどくなってくると、アルコールがしみて痛かったりと業務に支障がでてきます。

また、手荒れがあると手荒れしているところに菌が入り込みやすく、菌も繁殖しやすいです。

なので、手荒れしないようにすることは凄く大切になっています。

手荒れ防止にはハンドクリームを使用しています。

ハンドクリームはいろいろ使っているのですが、用途に合わせて使用していて、

その中の一つに、ロクシタンのハンドクリームがあります。

もう何本使っているかわからないです。

職場ではにおいが強いものは禁止となっているので、このロクシタンはほどよい香りで懐かしい匂いがするのですごく好きです。

シアバターのにおいが気になる人は少し注意が必要です。

クリームはこんな感じですね。結構濃厚なので、保湿力も抜群です。

濃厚な分、しっかり伸ばさないとベタベタします。

しっかり伸ばすと気にならないですけどね。

プライベートでは匂いのするものを使用してます。

匂いが違うだけで癒されますよね。

これからの時期、乾燥が気になって、手荒れしやすいので、手荒れしないようにしていきたいですね。

ロクシタンのHPではいろんな種類のハンドクリームがあるので、自分の好きな匂いを見つけて、日常に癒しを求めてはいかがでしょうか。

12月にはクリスマスもあるのでプレゼントにも喜ばれそうですね。

【ロクシタン オンラインショップ】

-看護師
-, , ,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5