看護師

看護師になるメリット・デメリット

元動物看護師が看護師になってよかったこと・悪かったことを話します。

今まで飲食店や販売などの経験もありますが、その経験から看護師になってよかったことも悪かったことを挙げます。

看護師になるか迷っている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

看護師になってよかったこと

収入の安定

今までの仕事に比べて、収入は安定しているなと感じます。

シングルマザーの平均年収が250万程度といわれていますが、看護師になってそれ以上にもらえるようになりました。

収入が安定すると、子供にしてあげられることも増えて、心に余裕が生まれます。

シングルマザーの看護師は結構多いようです。

収入が安定していることが関係しているのかなと思います。

やりがいがある

これは看護師だからというわけではないですが、患者さんに「ありがとう。」と感謝されることも多くやりがいがあります。

重症だった患者さんが元気に退院した時はうれしいものです。

医療も日々発達しているので、勉強すればするほど自分自身の成長を凄く感じられる仕事だと感じます。

患者さんに触れ合うといろいろな価値観の方に出会うことも多く、勉強になります。

勉強だけでなく人生や死や生に関して凄く考えさせられるお仕事です。

死に対して、そこまで真剣に考えることもなかったのですが、目の前にいる患者さんの死を直面して

自分の人生について考えさせられます。

どこでも働ける

就職に困らないといったことがよかったことです。

結婚などで違う場所に行っても就職に困ることはなく、色々な働き方が選べるので

自分に合った働き方ができます。

大学病院・クリニック・美容クリニック・健診センター・介護施設・・・などいろいろあります。

自分に合った働き方を見つけることができます。

コミュニケーション力がつく

いろいろな価値観の患者さんと触れ合うことも多いので、凄くコミュニケーション力はついたと思います。

学校でもコミュニケーションの授業もあり、自身の癖や弱点に気づくことができました。

今でも悩むことが多いですけどね。

悩むからこそ、成長ができていろんな方と話すことに抵抗がなくなってくると思います。

観察力がつく

患者さんの異変に気付かなくてはいけないので、人の観察力は凄くつくと思います。

家族の異変や子供に異変に早く気づくことができます。

人に以前より気を使えるようになった気がします。

気づかなくてもいいことにも気づいたりしますけどね。

平日休みがある

平日休みがあるので、子供が学校に行っている時間は自分の時間に使えます。

平日休みだとお出かけしてもすいていることも多いので、色々な場所に行きやすいです。

看護師になって悪かったこと

拘束時間が長い

病院によっては前残業と残業が多いです。

委員会や係になることもあって、時間外勤務もあります。

また、日々勉強しなくてはいけない職業のため、研修や勉強会などの時間もあります。

夜勤もしている人であれば、勤務時間も長くなります。

夜勤が辛い

夜勤をしているのであれば、寝る時間も毎日異なるので肌荒れやストレスも多くなります。

生活リズムが乱れると体調も崩しやすく、自身で体調を整えられるよう意識していかないと

体調を崩してしまいます。

人間関係に悩むことがある

看護師に限りませんが、女性が多い職場が多いので人間関係に悩む方が多くみられます。

責任も重い仕事なので、厳しく指導されることもあります。

平日休みだと子供と過ごす時間が少ない

平日休みばかりになると子供と過ごす時間が少なくなります。

職場の人に子供がいることを伝えて土日休みをいれてもらうといいです。

また、土日休みの友人と遊ぶ機会も減りましたね。

平日休みはいいところもあれば悪い所もありますね。

まとめ

看護師になってよかったこと・悪かったことを挙げてみました。

これから看護師を目指したいと思っている方へ少しは参考になればと思います(*´ω`*)

-看護師
-, , , ,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5