動物看護師

動物看護師になるのは?資格は?手取りは?

スポンサーリンク

動物看護師のお仕事って?

看護師になる前は動物看護師のお仕事をしていました。

動物看護師のお仕事ってどんなお仕事だろう?と知りたい方に向けて書きます。

仕事内容

基本的には、獣医の補助です。

入院や外来に来た動物たちの看護を行います。

私が勤めていた病院では、受付から会計も行い、診察に来た動物の診察の補助、手術の助手、検査も行っていました。

私はトリミングの資格も持っていたのでトリミングも行ってました。

私の勤めていた病院のスケジュール 例

8:00 出勤

8:00~9:00 入院動物の世話 看護 検査

       外来の準備

9:00~診察 フィラリア予防時期は多忙

12:00~ 休憩

13:00~手術の補助やトリミングがあればトリミング

    なにも予定がないときは、勉強したり、掃除や雑用をこなしてました。

16:00~午後の診察

19:00診察終了

緊急で入院が入ると残業です。

19:00会計締め 入院している動物の世話 明日の準備

20:30 だいたいこのくらいに終わることが多かったです。

休みは隔週2日。

検査は血液検査・便検査、尿検査を行います。

レントゲンには獣医と行います。

どうやってなるの?

資格がなくても動物病院で働くことはできますが、「認定動物看護師試験」を取得していることで一定の知識や技術があると見なされます

現在、国家資格ではないですが、今後、動物看護師が国家資格になるという方針もでているようです。

学校は、大学・専門学校・短期大学とあります。

自分に合った学校を探すといいですね。

動物看護師の魅力

やりがいがある

とてもやりがいがある仕事だと言えます。

動物病院に来院した動物たちが健康でいられるように獣医と共に介入します。

不安になる飼い主も多いので、不安の軽減ができるようコミュニケーション能力が必要となります。

また、動物は言葉が通じません。

痛いとも、どこが苦しいと言えないので観察力が必要となります。

早期発見が動物の命を守ることもあります。

また、食欲のない動物が、どうやったらご飯を食べてくれるかな?と考えて、工夫してご飯をあげたときに食べてくれた時や

凄く元気のなかった子が元気になると本当にうれしいです。

飼い主さんからも嬉しい言葉をもらえるとさらにやる気がでてきます。

命の重さを感じることができる

動物病院では、様々な動物が来院されます。

犬の出産に立ち会ったときはとても感動しました。

その反面、人とは違い、安楽死が認められているので、目の前で動物の命が絶たれるのは辛いものがあります。

安楽死という選択をした飼い主さんも精神的ダメージが多く、患者さんのメンタルケアも必要です。

長年愛していた動物を安楽死という選択をすることは凄く重みのあることなので

飼い主さんとのコミュニケーションはとても悩みました。

動物の知識が身に付く

学校でも動物の知識は身に付きますが、動物病院で働くことでさらに知識が身に付きます。

獣医にいろいろ教えてもらってました。

知識が身に付くことで、さらに仕事が楽しくなり、自分の家族や友人のペットへのアドバイスができることもあります。

人の医療と同様に、動物の医療も発展しているので、継続した学習ができる職業だとも言えます。

動物に癒される

動物看護師になる人は動物が好きな人が多いのではないでしょうか。

毎日いろいろな動物が来院されるので、子犬や子猫などに癒されたり、

様々な動物に癒されます。

珍しい犬種に出会ったときは気持ちがあがります。

動物看護師の大変なこと

死に直面したり、不甲斐ない動物に出会う

命ある動物ですから、死に直面することもあります。

動物が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主でなくても辛いこともあります。

また、かわいがられている動物ばかりではなく、飼育放棄されていた犬など

不甲斐ない動物に出会うこともあります。

動物が好きだけでは難しい職業だなと思います。

給料がそこまでよくない

国家資格でもなく、資格がなくても働くことができるためそこまで給料はよくないです。

手取りで16万~17万くらいがおおいのではないでしょうか。

その割に、残業もあるので、動物が好きで目標を持って過ごさないと続けていくことが難しい場合もあります。

離職率も高いので、(施設によっては9割。)体力・精神もタフでないと続けられないことも多いです。

ケガをしやすい

動物は言葉が通じないので怖がって噛んできたり、暴れたりとけがをしやすい環境にあります。

ある程度、技術を身に着ければ動物の保定の仕方もわかってくると思うのですが、

新人の時は保定の仕方がわからず、ケガをすることも多かったです。

猫の爪が結構痛いんですよね。

また、人畜共通感染症もあるので、感染予防はしっかりとしないといけません。

まとめ

動物看護師の働く環境はあまり整っているとは言えませんが、動物が元気になったりする姿を見たり

や飼い主に感謝されるととてもやりがいのある仕事だと感じます。

今後、国家資格になる方針もあるようなので今後に期待したいです。

-動物看護師

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5