子育て

低出生体重児の子供を出産して学んだこと

スポンサーリンク

低出生体重児の子供を出産して学んだこと

低出生体重児のことに関しては、医師や病院のサイトの方が詳しいので

ここでは私の経験から感じたことを公開します。

低出生体重児とは?

体重が2500g未満で生まれた児のことを低出生体重児といいます。

1500g未満を極低出生体重児。

1000g未満を超低出生体重児。

といいます。

子どもは1700g台で出産しました。

31週で帝王切開で出産したため、早産児でした。

なぜ、早産児だったのか?

妊娠高血圧腎症になり、胎盤がうまく機能せず、

子どもに栄養がいきわたらず、「胎児発育不全」や「胎児機能不全」などを引き起こすことがあるため。

お腹にいると母子ともに命の危険があったため、帝王切開で出産。

妊娠高血圧腎症

私の場合、収縮期血圧が160を超えており

浮腫が全身に出ていて、特に足がひどく、歩くのも辛かったです。

倦怠感も強かったです。

とにかく安静に。興奮しないようにと言われていました。

血液検査では、血栓が体の中のどこかにあるかもしれないと言われていたので

安静が必須でした。

血栓が詰まると、心筋梗塞や脳梗塞などになってしまう可能性があったようです。

妊娠高血圧症候群にならないためにしておけばよかったなと思ったこと

〇ストレスをためない

ストレスをためないこと、本当に大切です。一人の体ではないので、助けが欲しい時は人に頼る。無理をしない。

私は結構無理をしていたと思います。人に頼ることが苦手だったのです。

〇体重が増えすぎたと感じてきたら早めに相談する

体重が増えたと感じてはいたのですが、もうちょっと早めに相談すればよかったなと感じています。

〇栄養バランスのとれた食事をとる

つわりもひどく、あまり栄養バランスのとれた食事をとれていなかったと思います。

あまりにつわりがひどかったら主治医に相談する、つわりで食事が作れない時は人に頼る。

栄養管理って本当に大切だと思います。

〇睡眠時間の確保

つわりが辛く、仕事もしていたので、睡眠時間が十分にとれていませんでした。

睡眠不足はストレスにもつながります。適切に取った方がいいです。

出産後、子供はNICUへ

帝王切開で出産後、子供は小さく体の機能は未熟だったので、NICUに行きました。

NICUとは新生児を集中的に管理・治療する集中治療室です。

子どもに会えたのは出産から7日後

出産時は子供に会うことができたのですが、会うことができたのは7日後でした。

私自身の熱が下がらず、会うことができませんでした。

7日後に、30分だけ会うことができました。

その時の感動は今でも忘れないです。

保育器に入って経鼻からミルクを飲んでいるようでした。

心電図モニターがついていて24時間管理されています。

会えるまでの7日間、搾乳

会えるまでの7日間は、搾乳して母乳をとってました。

会えない時間、母親としてできる精一杯のことでした。

子どもを出産してから母乳は出ていました。

看護師さんに「すごいですね、たくさんでてますよ。」と言われて嬉しかったです。

ピジョン さく乳器 (手動タイプ) 母乳アシスト 角度調節可

新品価格
¥3,666から
(2020/12/10 17:11時点)

会える時間が長くなる

1日に会える時間が30分だったのが1時間に伸びました。

沐浴したり、授乳したりしてました。

触れ合うことで、母親になったんだなーと実感しました。

経鼻でミルクを取っていた子供が、口から飲んでくれた時は感動しました。

私は退院、子供はNICUで入院

私は先に退院。

子供は

NICUで入院でした。

約1か月間、母乳を搾乳して病院に届けてました。

妊娠高血圧症候群で高血圧だったため、毎日血圧をはかってました。

1か月後には正常に戻ってました。

浮腫も次第になくなりました。

子どもが2500g以上になったときに、退院となりました。

でもまだまだ小さかったです。

小さくてか弱くてとってもかわいいです。

私の心理状態

出産時、母子ともに命の危険があると言われたときは頭が真っ白になりました。

毎日泣いていたけど、看護師さんが話を聞いてくれて、不安も少しは軽減されました。

両親も支えになってくれ、人に話すことで落ち着いていたと感じます。

出産後も、看護師の方に「みんな小さく生まれて、大きく育っていくのよ。」と言われて勇気づけられました。

周りの協力って大切だなと感じました。

無事退院。すくすく成長。

子どもはすくすく成長していきました。

集団検診時に、他の子よりも成長が遅いと感じることもあったけれど、

1年半年ごろに追い付きました。

全然焦ることないと思います。

子どもは毎日すくすく成長するから。

遅いのも個性のうちだなと感じてます。

まとめ

出産って命がけだったなと思います。

でも、それ以上の感動がありました。

自分の体も子供の体も大切ですね。

医療者の方々に今でも感謝しています。

-子育て
-, ,

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5