絵本

本紹介【こどもニュース いまむかしみらい】

世の中にはどのくらいの本があるんだろう、と思うくらい本にがあふれてますよね。

私も暇があれば、筋トレ・読書は行うようにしています。

小さなころから読書が好きで、いろんな本を読んできました。

その影響を受けて、子供も本が好きになっています。

スポンサーリンク

今日紹介する本

子どもニュースいまむかしみらい 朝日小学生新聞でふりかえる (朝日小学生新聞の学習読みもの)

新品価格
¥2,750から
(2020/12/13 21:56時点)

読むきっかけ

子供が教えてくれました。

学校で紹介されたようで、「この本を読むとちょっと頭がよくなるんだって。」と教えてくれました。

読んでみた感想

2017年に発売され、朝日小学生新聞に書かれていた内容が載っています。

3年前ですが、今までの歴史や今後の未来などが書かれていて、楽しく読めます。

政治・スポーツ・環境・ペット・漫画・おもちゃなどの歴史が書かれていて面白いです。

子供だけでなく、大人も読んで楽しめる本だと思います。

私が読むと、自分の青春時代に流行ったものとがことが書かれていたので懐かしい気持ちになりました。

この本のよいところは、著名人のインタビューの内容が書かれていることだと思います。

その中でも、ノーベル賞受賞された梶田隆明さんの言葉に凄く共感しました。

「なぜ」と考え続けよう

「なぞをとく楽しさ」が、研究を続ける力になったそうです。

科学者になるために必要なことは、「身の回りのわからないことを、『なんでだろう?』と考えること」だと思います。

一部引用

日常でもふと疑問に思って調べたり、考えたりすることで楽しみや新たな発見ができると感じました。

私自身が看護師であることも、なぜ?と考え、興味を持って行うことは凄く大切で、

疑問を持って考えることで、新たな発見や患者さんの異常の早期発見にもつながっていくので

この言葉には凄く共感しました。

様々な著名人の方々のインタビューが書かれているので面白くて、あっという間に読んでしまいました。

大きなことに関わる仕事をされている方の言葉は重みを感じますね。

インタビューの記事で考えさせられる、勉強になることも多かったです。

新小学生の将来就きたい職業も日々変化していて面白かったです。

今はもっと変わっているんだろうなーと感じました。

-絵本
-

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5