3行ポジティブ日記の効果

スポンサーリンク

私が3行ポジティブ日記を続けている理由

離婚当初の私の心理

①子供をどう育てていけばいいかわからず、がむしゃらにバイトしてお金を稼いでいた。

②働くわりにお金が入らず悩む。

③精神的に不安定になり、ほぼ毎日友人に電話して泣きつく。

④子育てしなければならないという責任と離婚した申し訳なさに押しつぶされそうになっていた。

離婚当初の私は本当に精神的に参っていて、離婚したら私だけの経済力で子供を

育てなきゃいけないし、(当たり前だけど)いろいろ考えることも多かったので

凄く悩んでました。

こう見ると、精神的に病んでいるのがわかりますね。

あの時、友人に凄く助けられたなと思ってます。

ほぼ、毎日私の泣き言を聞いてくれてアドバイスくれて本当に神様みたいな存在です。

今でも。

そんな時、友人に勧められて様々な本を読みました。

本に助けられる

精神科医が教える ストレスフリー超大全??人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト

新品価格
¥1,426から
(2020/11/15 23:20時点)

学びを結果に変えるアウトプット大全

新品価格
¥1,436から
(2020/11/15 23:23時点)

精神科医樺沢先生の書かれた本です。

どちらにも3行ポジティブ日記に書かれているのですが、アウトプット大全には日記のメリットが書かれています。

①アウトプット、書く能力が高まる。

②自己洞察力、内省能力、レジリエンスが高まる。

③「楽しい」を発見する能力が高まる。

④ストレスが発散される。

⑤幸せになる。

日記ってすごくいいことばかりだなーと思い、先生の本を読んでからずっと始めてます。

とてもいいことばかりだと思いませんか?

書き方は1日の寝る直前に3つのポジティブな出来事、楽しい出来事、嬉しい出来事を3つ書くというものです。

毎日続けることが大切と先生もおっしゃっているので毎日続けています。

実際にポジティブ日記を続けてみて

私が実際に書いている3行ポジティブ日記はコチラ

実際にポジティブ日記を続けてますが、精神的にも落ち着いてきて、以前より前向きになれています。

新たな自分の気づきもあって、アイディアが浮かんだり、様々な挑戦をするようにもなりました。

また、失敗をしたときも、前向きにとらえて次の機会に生かすこともできています。

3行ポジティブ日記をつづけるには

日記が素晴らしい効果があるとわかっても、なかなか続けるのは難しいですよね。

でも、習慣化すれば樺沢先生が書かれたように、すごくいいことがたくさんあるのです。

私が継続して日記をかけている方法を書きます。

見えるところに3行ポジティブ日記と書く

スマホの画面や家のいつも見るところに3行ポジティブ日記と書いています。

忘れそうになった時に、目につくところにあるだけで、忘れずに済みます。

タイマーをセットするのもオススメです。

めんどくさいなーと思ってしまったとき

めんどくさいから、今日はいっか!って思って1度さぼると、そのあとはさぼり癖がついて書けなくなるんですよね。

めんどくさい時でも、日記のメリットを思い出して、短くてもいいから書いてました。

継続することに意味があると思うので、短くても拙い文でもいいから書くということを徹底してます。

短い文でも継続していくと習慣になって、段々と文章も上手になっていくと思うので、最初は気にしなくて大丈夫です。

日記って素晴らしいと思いませんか。

みなさんもよかったらやってみてください。

© 2021 みかんごブログ Powered by AFFINGER5